コンテンツにスキップ

Infrastructure(Local)

ローカルマシーンのDocker Desktop(Mac)上でRISKENのシステム構築をするためのドキュメントです


準備

事前に以下のツールが必要になります


Kubernetesを起動する

  • Docker Desktopのドキュメント を参照しKubernetesを起動してください
  • ローカル環境で動作させるためにはDocker Desktopに割り当てるCPU、MEMリソースを以下の値以上に設定する必要があります
    • Preferences > Resourses > ADVANCED
      • CPUs: 4+
      • Memory: 8GB+
    • Docker Desktop Resource setting

RISKENをデプロイする

Manifestファイルを使ってデプロイ

  • サンプルmanifest をcloneします

    $ git clone https://github.com/ca-risken/k8s-sample.git
    $ cd k8s-sample
    

  • makeコマンドでlocal環境にデプロイします

    $ make local-apply
    

  • PodのStatusがRunnigになるのを待ちます

    $ kubectl get pod -A
    

  • ブラウザでローカル環境にアクセスします

    http://localhost/
    

デフォルトでは一部のサービスのみが有効です
  • 以下のサービスは起動時にクレデンシャルが必要になるためデフォルトでは起動しません
    • Google
  • 必須パラメータを設定しManifestファイル内のPod起動数を1以上に更新してください
    • パラメータの詳細はParametersを参照してください

作成したリソースを削除する

  • makeコマンドでローカル環境のリソースを削除します
    $ make local-delete
    
Back to top