コンテンツにスキップ

アラート

RISKENでは問題のあるデータを発見しときにアラートを生成し通知を行う機能を実装しています。ここではアラートに関する操作方法を説明します。


アラート確認

  1. 事前にアラート条件を設定しておくことで、問題の箇所をアラート画面で確認することができます
  2. 生成されたアラートを確認するには左メニューよりAlert > Alertをクリックします
  3. 現在有効なアラートが表示されます
    • alert_list.png
    • テキストボックスでアラートをフィルタすることができます
    • Active Onlyのチェック外すと過去のアラートを確認することができます
  4. アラートの詳細をみるには一覧のデータをクリックします
    • alert_dialog.png
    • アラート条件に合致するFindingのリンクが表示されます
    • 画面下側にはアラートの更新履歴を確認することができます

アラート設定

  1. 事前に アラート条件 を設定しておくことで、データ収集時に自動でアラート判定・通知を行うことが可能です
  2. アラート条件には複数のアラートルールと通知先を登録することができます
    • アラート条件を作成する前に、まずルールと通知の設定を行います

アラートルールの設定

  1. 左メニューのAlert > Ruleをクリックしてください
  2. 画面右側のNEWをクリックします
  3. 以下の項目を入力しREGISTをクリックします
    • Name : アラート名
    • [Findingのフィルタ条件]
      • ResourceName : リソース名(部分一致)
      • Tag : タグ名
    • FindingCount: 上記のフィルタ条件に合致するFinding数
    • Score: Findingのスコア(何pt以上かを指定)
    • alert_rule.png

通知先の設定

  1. 左メニューのAlert > Notificationをクリックしてください
  2. 画面右側のNEWをクリックします
  3. 以下の項目を入力しREGISTをクリックします
    • Name : 通知名
    • Type : 現状Slackのみサポート
    • Webhook URL : Incomming Webhookで作成されたWebhook URLを指定
      • Incomming Webhookで上で指定したchannel/ icon/ nameで通知が飛びます
    • Show Options : チェックONにするとオプション設定を表示します
    • Custom Message : デフォルトの通知メッセージを上書きすることができます
      • デフォルトは @xxxx アラートが発生しました です
      • @xxxxの部分は設定したSeverityに応じて変化します
        • High : @channel
        • Medium : @here
        • Low: メンションなし
    • Channel (Depricated) : 通知先のチャンネルを指定します。現在、非推奨な設定項目です。
    • alert_notification.png

アラート条件の設定

  1. 左メニューのAlert > Conditionをクリックしてください
  2. 画面右側のNEWをクリックします
  3. Alert Conditionダイアログで以下の項目を入力しREGISTをクリックします
    • Description: アラートの説明
    • Severity: 重大度の選択
      • High: 最も危険なレベル。通知時時に @channel でメンションされます
      • Medium: 中間のレベル。通知時時に @here でメンションされます
      • Low: INFOレベル。通知時のメンションはなし。
    • And Or: アラートルールを複数設定する場合の評価方法を指定します
      • And: すべてのルールが true となった場合にアラートを生成します
      • Or: いずれか一つ以上のルールが true となった場合にアラートを生成します
    • Notification Cache Term: アラート通知を抑制するための設定です。設定した期間内では連続する通知を行いません
      • デフォルト1時間
    • Enabled: ON/OFFでアラート条件の有効/無効を切り替えます
    • アラートルール: 有効にしたいルールを選択します。(複数可)
    • 通知ルール: 有効にしたい通知先を選択します。(複数可)
    • alert_condition.png

アラート除外設定

RISKENは定期的にデータソーススキャンをした後に登録済みのアラート条件に基づいて評価→アラート生成を行いますが、以下の操作をすることでアラートの評価対象から除外することができます

アラートを ペンディング 状態にする

  • ペンディング状態のアラートがあると、以降は当該アラート条件での通知が飛ばなくなります。
    • アラートの履歴データのみが保存される状態になります
    • 問題が解消され、アラートが Deactive な状態になると、新たにアラートが生成されるようになります
    • *アラートのライフサイクル: Active <-> Pending (手動更新) -> Deactive
  • 以下の操作でペンディング状態にすることができます
    • Alert > Alert画面に遷移します
    • 一覧右側のアクションボタンから Pending をクリックする
    • alert_condition.png

Findingを ペンディング 状態にする

  • 問題がないことがわかってるFinidingはペンディングさせることでアラートの評価対象から除外させることができます
  • 以下の操作でFindingをペンディング状態にすることができます
    • Finding > Finding画面に遷移します
    • 一覧右側のアクションボタンから Pend Finding をクリックする
    • finding_pend.png
    • 他にも一括選択でペンディング状態にすることができます
    • 詳細はFindingの削除/ペンディングを参照してください
Back to top