コンテンツにスキップ

AWS側のIAMロール作成

AWSマネージメントコンソールからの設定例を記載します

  1. AWSのマネージメントコンソールで IAM サービスに遷移します
  2. 新規IAMポリシーを作成します

    • IAMのポリシーメニューから ポリシーの作成をクリックしてください
      • ポリシーボタン
    • JSON タブを開き以下を貼り付け、ポリシーの確認をクリックしてください
      {
          "Version": "2012-10-17",
          "Statement": [
              {
                  "Effect": "Allow",
                  "Action": [
                      "ses:DescribeActiveReceiptRuleSet",
                      "elastictranscoder:ListPipelines",
                      "servicequotas:ListServiceQuotas"
                  ],
                  "Resource": "*"
              }
          ]
      }
      
      • ポリシーエディタ
    • 名前欄に RISKEN と入力してポリシー作成をクリックしてください
      • ポリシー作成
  3. 新規IAMロールを作成します

    • IAMのロールメニューから ロールの作成 をクリックしてください
      • ロール作成
    • 信頼されたエンティティの種類を選択別のAWSアカウントを選択し以下を入力してください

      • アカウントID: RISKENのAWSアカウントIDを信頼済みに登録する必要があります
      AWSアカウントID

      RISKEN環境のAWSアカウントIDについてはシステム管理者にお問い合わせください

      • 外部ID(External-ID):
        {先程、自動生成した外部ID}
        
      • プリンシパル
      • 次のステップ をクリックしてください
        • アクセス権限の画面で以下の2つのポリシーを検索しチェックしてから、次のステップ をクリックしてください
      • RISKEN (先程作ったポリシー)
      • SecurityAudit (マネージメントポリシー)
        • タグ設定の画面で 次のステップ をクリックしてください
        • 確認画面でロール名に RISKEN と入力し ロールの作成 をクリックしてください
      • ロール作成
Back to top