コンテンツにスキップ

PortScan

AWSのインスタンス、セキュリティグループ情報等から外部に公開されているポートに向けてNmap によるポートスキャンを行い、その結果をRISKENのFindingへ取り込むことが可能です

フォーマット

RISKENへデータを取り込む際に、以下のメタデータを付加します

項目 説明
DataSource aws:portscan (固定)
ResourceName スキャン対象のリソースのARN
Description 説明
Score スコアリング参照
Tag aws portscan {AWSのサービス} {アカウントID}

スコアリング

スキャン結果のステータス、スキャン対象のポート、アクセスした結果のHTTPレスポンスにてスコアリングを行います。

また、ポートが開いておりHTTP,SSH等のサービスが動作していることを確認できた場合に追加の確認を行います。

graph TD A[Start] --> B{{Is Status closed/filtered?}}; B -->|YES| C[Score: 0.1]:::low; B -->|NO| D{{Is spesific port opened? ex: mysql,redis...}}; D -->|YES| E[Score: 0.8]:::high; D -->|NO| F{{Does http response return?}}; F -->|NO| G[Score: 0.6]:::mid; F -->|YES| H{{Is http response 401/403?}}; H -->|YES| I[Score: 0.1]:::low; H -->|NO| J[Score: 0.6]:::mid; classDef high fill:#FFFFFF,stroke:#C2185B,stroke-width:4px; classDef mid fill:#FFFFFF,stroke:#F57C00,stroke-width:4px; classDef low fill:#FFFFFF,stroke:#4DB6AC,stroke-width:4px;

ステータス

Nmapによるポートスキャン結果のステータスには、以下のものが存在します

TCP,UDPのスキャンによって結果の意味が異なる場合がありますが、基本的にステータスがopenの場合にスコアが高くなります

- open: ポートが開放されている状態
- filtered: ポートが開放されているか閉じられているか判断がつかない状態
- closed: ポートが閉じられている状態

追加の確認

Nmapの結果より特定のサービスが動いていることが確認できた場合、以下の確認を追加で行います。

下記のチェックに該当した場合、スコアは0.8として、Nmap結果とは別に追加でFindingが登録されます。

  • SSH
    • パスワード認証が有効になっている
  • HTTP
    • 公開プロキシとして利用可能になっている
  • SMTP
    • メールサーバーのオープンリレーが有効になっている
Back to top