コンテンツにスキップ

Diagnosis Parameters

Diagnosisのパラメータです

Diagnosis共通

Parameters

Param Description Required Default
AWS_REGION AWSリージョン ap-northeast-1
AWS_ACCESS_KEY_ID AWSアクセスキーID
AWS_SECRET_ACCESS_KEY AWSシークレットキー
AWS_SESSION_TOKEN AWSセッショントークン(STS一時キーを利用する場合)
SQS_ENDPOINT SQSエンドポイント http://queue.middleware.svc.cluster.local:9324
DIAGNOSIS_WPSCAN_QUEUE_NAME WPScanキュー名 diagnosis-wpscan
DIAGNOSIS_WPSCAN_QUEUE_URL WPScanキューURL http://queue.middleware.svc.cluster.local:9324/queue/diagnosis-wpscan
DIAGNOSIS_PORTSCAN_QUEUE_NAME Portscanキュー名 diagnosis-portscan
DIAGNOSIS_PORTSCAN_QUEUE_URL PortscanキューURL http://queue.middleware.svc.cluster.local:9324/queue/diagnosis-portscan
DIAGNOSIS_APPLICATION_SCAN_QUEUE_NAME アプリケーションスキャンキュー名 diagnosis-applicationscan
DIAGNOSIS_APPLICATION_SCAN_QUEUE_URL アプリケーションスキャンキューURL http://queue.middleware.svc.cluster.local:9324/queue/diagnosis-applicationscan

Parameter Store保存先(例)

以下のPath配下にパラメータを保存

  • /env/diagnosis/common

Diagnosisサービス

Parameters

Param Description Required Default
PORT 19002

Parameter Store保存先(例)

以下のPath配下にパラメータを保存

  • /env/diagnosis/diagnosis

Portscanサービス

Parameters

Param Description Required Default
DEBUG DEBUGレベルログの有効化 false
MAX_NUMBER_OF_MESSAGE 1度に並行処理するキューメッセージ数 10
WAIT_TIME_SECOND デキューの時間間隔(秒) 20

Parameter Store保存先(例)

以下のPath配下にパラメータを保存

  • /env/diagnosis/portscan

WPScanサービス

Parameters

Param Description Required Default
DEBUG DEBUGレベルログの有効化 false
MAX_NUMBER_OF_MESSAGE 1度に並行処理するキューメッセージ数 10
WAIT_TIME_SECOND デキューの時間間隔(秒) 20
WPSCAN_VULNDB_APIKEY WPScan用のAPIキー(有料プランを利用してる場合に設定)

Parameter Store保存先(例)

以下のPath配下にパラメータを保存

  • /env/diagnosis/portscan

ApplicationScanサービス

Parameters

Param Description Required Default
DEBUG DEBUGレベルログの有効化 false
MAX_NUMBER_OF_MESSAGE 1度に並行処理するキューメッセージ数 10
WAIT_TIME_SECOND デキューの時間間隔(秒) 20

Parameter Store保存先(例)

以下のPath配下にパラメータを保存

  • /env/diagnosis/applicationscan
Back to top